顔汗の種類について - 顔汗をとめるには?

顔汗をとめるには? > 顔汗の種類について
顔汗をとめるには?

顔汗の種類について

顔汗という症状はいくつかの種類に分けることができます。
汗腺の異常による症状、肥満による症状、多汗症による症状、精神性発汗による症状、他の疾患による症状などです。

まず汗腺の異常による症状ですが、これは運動不足などを原因として発症します。
発汗機能を持つ能動汗腺が減り、発汗機能を持たない不能汗腺が増えてしまうことが原因です。
運動をしないと能動汗腺が不能汗腺へと変化してしまい、変化しにくい顔や脇、手のひらなどに発汗が集中してしまいます。
このように不能汗腺の分の汗が能動汗腺に集中してしまう現象を代謝性発汗と呼び、顔汗の多くもこれが原因です。
つまり運動を心がけることで改善します。

肥満による症状の原因はいたってシンプルです。
蓄えられた脂肪によって体内に熱がこもりやすくなり、体温調整のためにより多くの発汗が必要になってしまうことが原因です。
痩せれば改善します。

多汗症の場合は病気ですので、医師に相談が必要です。
更年期障害による多汗症など自然治癒が見込める場合もありますが、難治性の場合には外科手術が必要な場合もあります。

精神性発汗の場合は、心の問題です。
ストレス耐性がつくことで改善することもありますが、「汗をかいてしまう」という不安が原因で汗をかいてしまうという悪循環に陥るケースも少なくありません。
不安や緊張を除去することで治癒します。

最後に他の疾患を原因としている顔汗です。
甲状腺機能亢進症、自律神経失調症、大動脈瘤、縦隔腫瘍など、重大な疾患の末端症状として発症している可能性もあります。
放置しておくと危険ですので、異常を感じた段階ですぐに医師に相談することが重要です。

top