重大な病気で顔汗をかくことも多い - 顔汗をとめるには?

顔汗をとめるには? > 重大な病気で顔汗をかくことも多い
顔汗をとめるには?

重大な病気で顔汗をかくことも多い

顔汗に悩む人の多くは、肥満や運動不足が原因です。
脂肪によって体に熱がこもりやすくなっていたり、汗を分泌する機能を休止してしまっている不能汗腺が増えてしまっていたりするのが主な原因なのです。
顔面多汗症という病気の人も多いでしょう。
交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、異常な量の汗をかいてしまう病気です。
慢性的に顔汗をかいてしまう場合、これらが原因となっているケースがほとんどなのです。

しかし、顔汗をかいてしまう理由はこれらのみというわけではありません。
一番警戒するべきなのは、他の重大な病気のサインとして顔汗が発症しているケースです。

たとえば甲状腺機能亢進症です。
バセドー病を原因として発症することの多い病気で、甲状腺刺激ホルモン受容体に対する抗体により引き起こされる自己免疫疾患です。
甲状腺ホルモンは体のエネルギー利用を促進するホルモンですが、これが過剰に分泌されてしまうことで全身の機能が過剰になり、アドレナリンが過剰に放出されたときと同じような症状が現れます。
多食、体重減少、多尿、多飲、高血糖、めまい、抜け毛、震え、鬱などさまざまな症状が発症する病気で、発汗が異常になることも代表的な症状の一つです。
もちろん放置して治るような病気ではありませんので、治療は病院で行います。
甲状腺ホルモンを抑制する薬を服用し、手術や放射線アイソトープによる治療となることが多いです。

甲状腺機能亢進症以外にも、自律神経失調症、大動脈瘤、縦隔腫瘍などの病気が疑われることもありますので、もしも顔汗の量が異常に多いと感じたらすぐに病院に相談し、重大な病気を見落とさないように心がけましょう。

top