夏場の顔汗対策 - 顔汗をとめるには?

顔汗をとめるには? > 夏場の顔汗対策
顔汗をとめるには?

夏場の顔汗対策

春、秋、冬はそうでもないけれど、夏になると顔汗に悩む人は多いでしょう。
夏は外気温が高温になりますので、当たり前のことです。
しかし当たり前とはいえ、やはり顔汗を放置するわけにもいきません。
どのような対策を考えれば良いのでしょうか?

夏場の顔汗対策はまず、二つに分けられます。
体の外側の対策と内側の対策です。
外側の対策とは、実際に流れてしまった顔汗への対策です。
内側の対策とは、大量の顔汗をかかないようにするための対策になります。
それぞれ意味合いが全く異なりますので、切り離して考えましょう。

まず外側の対策ですが、これは非常に簡単です。
ハンカチや制汗シートなどを使用して、流れ出る汗をぬぐいましょう。
普通よりも顔汗を大量にかいてしまう場合、体の他の部位の不能汗腺が多いためそれを補うための代謝性発汗が行われていることが多いです。
この場合、汗腺の機能が追い付かずにベタベタした汗になってしまいます。
ベタベタした汗は不快感を覚えますし、雑菌も繁殖しやすいので臭いの原因にもなります。
しっかりと対策することがマナーと言えるでしょう。

次に内側の対策ですが、これは毎日の継続が必要になります。
日頃から適度に運動をして、食事も肥満に気を付けたメニューを取り入れることが重要です。
一般的に顔汗の原因として多いのは、運動不足と肥満なのです。
運動不足によって不能汗腺が増えて能動汗腺が減ること、肥満によって汗腺の機能が素材されていることが主な原因となります。
これらを改善することで、夏場でも異常な量の顔汗に悩むことはなくなる可能性が高いのです。

top